2017年 11月 の投稿一覧

ワキガになる原因と脱毛によってワキガを改善することができる理屈

そもそもワキガの原因とは?

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇毛を自己処理する際に肌に余計な刺激を与えることが原因になります。

なぜなら、脇毛はアポクリン腺と一体化している毛であり、アポクリン腺は脇に毛穴があることで存在できるからです。

そのため、剃刀や毛抜きによって肌や毛穴を傷つけると、アポクリン腺を活発化させるのでアポクリン腺の汗が増えます。

その上、アポクリン腺の汗には脂質や糖質が含まれるので、アポクリン腺の汗が多くなるにつれてワキガがキツくなります。

よって、ワキガの原因を招かずに脇毛を処理する際は、脱毛を脇毛に施すのがお勧めです。

脱毛でワキガは治るのか

脱毛は、可視光線によって毛根部分を破壊するので、アポクリン腺を刺激せずに脇毛を処理することが可能です。

さらに、脱毛は脇に直接触れるのは可視光線となるので、アポクリン腺には熱によるダメージを与えることができます。

また、熱によって刺激されるという恐れがないので、脱毛によってアポクリン腺から出る汗が増えてワキガの臭いが強まるリスクが低いです。

とはいえ、脱毛を初めて受ける場合は毛穴に老廃物が溜まっていると、ワキガの臭いが強まることがあります。

そのため、脱毛する場合は脱毛した後に脇の手入れを行うことで、ワキガの臭いがキツくならずに済みます。

そして、脱毛を脇に施す回数が増すにつれて、アポクリン腺が熱によるダメージを与える回数が増えるので、ワキガの原因となる異臭を改善可能となります。

他にも、脇毛が完全に生えなくなると、アポクリン腺から出る汗が脇毛につかなくなります。

とはいえ、脇の手入れを怠ると脇毛が生えなくなってもワキガに悩まされますが、手入れを施すことでワキガの臭いを改善することができます。

脱毛サロンでアンダーヘアを脱毛する前に準備しておく2点

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアを脱毛する時は脱毛サロンで施術を受ける事になりますが、施術前に準備しておかなければいけない事があります。準備を怠ってしまうと施術を受けられなくなる可能性があるので注意が必要です。そこで脱毛サロンでアンダーヘアを脱毛する前に準備しておく事を確認していきましょう。

毛を短く処理しておく

脱毛サロンは光脱毛という施術方式を採用していて脱毛器の光を毛根に照射して脱毛していきます。しかしアンダーヘアは長いのでそのままの状態で光を照射してしまうと脱毛効果が半減してしまう可能性があります。脱毛サロンによってはシェービングをしてくれる事もありますが、対応していないと施術を受ける事が出来ない場合もあります。脱毛サロンでアンダーヘアを脱毛する前に短く処理しておくようにしましょう。

デリケートゾーンの皮膚を保湿させておく

デリケートゾーンは通気性が悪くなる事が多いので蒸れやすいというイメージがありますが、寒い時期になると乾燥してしまう事もあります。デリケートゾーンの皮膚が乾燥した状態で施術を受けてしまうと肌トラブルが起こる可能性が高くなってしまいます。デリケートゾーンは皮膚が薄いので出力が弱い光を照射しただけでも敏感に反応してしまいます。脱毛サロンでアンダーヘアを脱毛する前にデリケートゾーンの皮膚を保湿させておくようにしましょう。

埋没毛ができる原因と皮膚科でのピーリングによる施術について

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、乾燥した状態での剃刀や毛抜きによる自己処理によって肌の角質を傷つけることでできる毛となります。

また、埋没毛は皮膚の中で成長することになる毛となるので、肌の表面に黒いぶつぶつとして残ることになります。

さらに、埋没毛は放置することで肌が炎症を起こすので、毛嚢炎や色素沈着が起こる原因となります。

なので、埋没毛によって毛嚢炎や色素沈着が出来た場合は、ピーリングによる自己処理を施すのが改善策となります。

なぜなら、ピーリングは弱い酸で古い角質を溶かして新しい皮膚の再生を促すので、埋没毛以外にもニキビや黒ずみを改善できるからです。

けれども、ピーリング剤を購入する際は含まれている成分が肌に合わないと、自己処理によって肌荒れが起こることになります。

そのため、ピーリングによる埋没毛の処理を施す場合は、皮膚科でピーリングの施術を受けるのが安全となります。

皮膚科でピーリング施術してもらうのがお勧め

皮膚科ならば、肌に合わせた濃度でピーリングでの施術を受けることができるので、敏感肌の人でも肌のトラブルに悩まされずに埋没毛を処理できます。

さらに、皮膚科で使われるピーリング剤は、濃度が高いので市販されているピーリング剤より高い効果をもたらします。

また、皮膚科でピーリングでの施術を受けることは、ピーリング剤を購入する手間を省くことに結びつきます。

よって、肌のトラブルに追われずにピーリングで埋没毛を処理する場合は、皮膚科で施術してもらうのがお勧めとなります。

産後の脱毛をするときには毛抜きなどは使わない方が良い?

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後の脱毛というのはいつも以上に気を付けて行わないといけないのですが、その理由は肌の状態がいつもと違うからです。

肌の状態がより敏感になっているので、肌荒れが起きやすいという意味では、肌をいたわりながら脱毛をしないといけないということが言えます。

したがって、産後の脱毛というのは肌の状態が通常に戻るまでの期間が必要で、そうなるまで待たないといけない、そうなってから脱毛をしないといけないということが言えます。

そして、一定の期間が経過後も肌の状態を気にしながら脱毛した方が良いと思うので、産後というのは毛抜きなどの方法は使わない方が良いのではないか?と思うのです。

肌への負担が大きい方法は避ける

毛抜きというのは予想以上に肌を傷つける可能性があり、それを産後の時期にやってしまうと、肌荒れがより一層酷くなる可能性もあるのです。

産後から一定期間が経過した後も、肌の状態が完全に元に戻っているとは言えない場合もあるのです。
例えば1年後とかならばともかく、そこまで時間が経っていない中では、まだまだ肌の敏感な状態を気にした方がよくて、毛抜きといった肌に対して負担が大きいと思われる方法はできれば避けた方が良いと言えるのです。

毛抜きはどんな時期に使っても肌に対して負担が大きいので、一般的にはあまりおすすめされていませんけど、産後の時期というのは尚更ということで覚えておきましょう。

脱毛サロンの勧誘を断るには

脱毛サロンの勧誘

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘が厳しいのは、会社からのノルマが多い影響が強いです。

脱毛サロンを利用する人には関係ありませんが、一方脱毛サロンでは新規のお客様の取り合いが激しい傾向にあります。

なので、脱毛サロンでは勧誘によって新規のお客様を確保することに力を注いでいます。

そのため、スタッフの中には勧誘に必死でお客様の意見を全く聞かない人もいます。

よって、脱毛サロンの勧誘を受けても勧誘を断らないと、自分に合っていない脱毛サロンに契約する可能性が高いです。

なぜなら、脱毛サロンは会社の売り上げを増やすために契約のノルマが多く存在するので、契約させるのが仕事の1つになっているからです。

強引な勧誘を防ぐのに最善な方法

脱毛サロンの中には勧誘無しと強調する店舗がありますが、店の案内を殆どせずに契約させることが多いです。

けれども、脱毛サロンで勧誘されても上手い断り方を予め知ることで、勧誘を断りつつすぐに切り上げることができます。

そのため、勧誘された際は時計を見て時間を確認しながら断るのがお勧めとなります。

なぜなら、時間を意識することでスタッフに予定があることを強調できるからです。

ただし、時計を見過ぎると契約のための時間を確認していると思われるので、時計は頻繁に見るのが効果が高いです。

また、時間を確認して契約する時間を確保できないことをアピールすることは、スタッフが強引に勧誘するのを防ぐのにも最善な方法となります。