埋没毛ができる原因と皮膚科でのピーリングによる施術について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、乾燥した状態での剃刀や毛抜きによる自己処理によって肌の角質を傷つけることでできる毛となります。

また、埋没毛は皮膚の中で成長することになる毛となるので、肌の表面に黒いぶつぶつとして残ることになります。

さらに、埋没毛は放置することで肌が炎症を起こすので、毛嚢炎や色素沈着が起こる原因となります。

なので、埋没毛によって毛嚢炎や色素沈着が出来た場合は、ピーリングによる自己処理を施すのが改善策となります。

なぜなら、ピーリングは弱い酸で古い角質を溶かして新しい皮膚の再生を促すので、埋没毛以外にもニキビや黒ずみを改善できるからです。

けれども、ピーリング剤を購入する際は含まれている成分が肌に合わないと、自己処理によって肌荒れが起こることになります。

そのため、ピーリングによる埋没毛の処理を施す場合は、皮膚科でピーリングの施術を受けるのが安全となります。

皮膚科でピーリング施術してもらうのがお勧め

皮膚科ならば、肌に合わせた濃度でピーリングでの施術を受けることができるので、敏感肌の人でも肌のトラブルに悩まされずに埋没毛を処理できます。

さらに、皮膚科で使われるピーリング剤は、濃度が高いので市販されているピーリング剤より高い効果をもたらします。

また、皮膚科でピーリングでの施術を受けることは、ピーリング剤を購入する手間を省くことに結びつきます。

よって、肌のトラブルに追われずにピーリングで埋没毛を処理する場合は、皮膚科で施術してもらうのがお勧めとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*