ワキガになる原因と脱毛によってワキガを改善することができる理屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

そもそもワキガの原因とは?

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇毛を自己処理する際に肌に余計な刺激を与えることが原因になります。

なぜなら、脇毛はアポクリン腺と一体化している毛であり、アポクリン腺は脇に毛穴があることで存在できるからです。

そのため、剃刀や毛抜きによって肌や毛穴を傷つけると、アポクリン腺を活発化させるのでアポクリン腺の汗が増えます。

その上、アポクリン腺の汗には脂質や糖質が含まれるので、アポクリン腺の汗が多くなるにつれてワキガがキツくなります。

よって、ワキガの原因を招かずに脇毛を処理する際は、脱毛を脇毛に施すのがお勧めです。

脱毛でワキガは治るのか

脱毛は、可視光線によって毛根部分を破壊するので、アポクリン腺を刺激せずに脇毛を処理することが可能です。

さらに、脱毛は脇に直接触れるのは可視光線となるので、アポクリン腺には熱によるダメージを与えることができます。

また、熱によって刺激されるという恐れがないので、脱毛によってアポクリン腺から出る汗が増えてワキガの臭いが強まるリスクが低いです。

とはいえ、脱毛を初めて受ける場合は毛穴に老廃物が溜まっていると、ワキガの臭いが強まることがあります。

そのため、脱毛する場合は脱毛した後に脇の手入れを行うことで、ワキガの臭いがキツくならずに済みます。

そして、脱毛を脇に施す回数が増すにつれて、アポクリン腺が熱によるダメージを与える回数が増えるので、ワキガの原因となる異臭を改善可能となります。

他にも、脇毛が完全に生えなくなると、アポクリン腺から出る汗が脇毛につかなくなります。

とはいえ、脇の手入れを怠ると脇毛が生えなくなってもワキガに悩まされますが、手入れを施すことでワキガの臭いを改善することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*